顧問弁護士の契約について

大手企業のほとんどが顧問弁護士との契約を行い、内外で起こる問題に即時対応してもらい、安定感のある業務を遂行しています。
大手企業のほか、中小企業も今、顧問弁護士を置くところが多くなっています。
企業内でも外でも、様々な問題があり放置したことで大きな問題となり、企業存続が危ぶまれる状況に陥る企業も多いということを、中小企業の経営者も理解されているのでしょう。

逆に、この経済が不安定な状況の中で顧問弁護士なんて雇用できるわけがない、という経営者の方もいます。
弁護士と聞くだけでかなりの報酬が必要となり、企業としてはそんなところにお金を払っている状態ではない、というのです。
問題を解決できる力を持った企業ならいいのですが、いざ問題が起きたとき焦って一般の弁護士さんに依頼しても、企業の内情把握から仕事が始まるのですから、スピーディな対応はできません。
複雑な社会の中で、大手企業さえもトラブルから経営不安定となる事は少なくありません。
中小企業ならどうでしょう。
大手企業よりもぐらつくのは早いと考えておくべきです。

顧問弁護士は契約の仕方がいろいろあり、報酬に関しても月額払い、年払い、また相談払いなどがあります。
一般的には多くの企業が月額払いを利用されていますが、年払いは格安になるので、年1回払うようにしているという企業もいます。
当サイトでは決して顧問弁護士は高くないということを多くお方に知っていただき、企業をより安定させることに利用していただきたいと考えております。
顧問弁護士の契約や報酬についてこのサイトで知識を得てください。